建築家との家づくりのサポーター、ベルクハウススタッフの視点で建築家コンペの実例をご紹介します。


by berk_house

<   2016年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

梅雨の季節になり、湿気が多い時期になっておりますが
いかがお過ごしでしょうか。
今回は「道路より低くなっている敷地に建てる<後篇>」
のコンペをご紹介してまいります。


まずは インターセクト一級建築士事務所 横川先生 のプランです。

旗竿地の路地状部分に複数のアーチを設けています。
アーチとアーチの間から光が入り、路地の奥との印象を与えません。また建物のエントランスを宅地より高い位置に設けることで、雨水などへの対応が簡易になっています。


f0212875_1221131.jpg

f0212875_1221995.jpg

f0212875_1222646.jpg

f0212875_1223327.jpg

f0212875_1223975.jpg

f0212875_1224682.jpg

f0212875_1225357.jpg

f0212875_123057.jpg

f0212875_123773.jpg

f0212875_1231594.jpg

f0212875_1232574.jpg

f0212875_12333100.jpg



次は、一級建築士事務所ラスティック建築研究所 河野先生 のプランです。

路地状部分に門扉を設けることで、路地の奥に住まいがある印象を与えません。またメインの玄関やLDKを宅地より高い位置にすることで採光などに優れた案になっています。

f0212875_1253013.jpg

f0212875_1253766.jpg

f0212875_1254422.jpg

f0212875_1255092.jpg

f0212875_1255791.jpg

f0212875_126457.jpg

f0212875_1261293.jpg

f0212875_126195.jpg

f0212875_1262827.jpg

f0212875_1263740.jpg

f0212875_1264532.jpg

f0212875_1265324.jpg

f0212875_127360.jpg

f0212875_1271121.jpg

f0212875_1271932.jpg

f0212875_1272775.jpg

f0212875_1273529.jpg

f0212875_1274448.jpg


次は、 田中剛建築設計室 田中先生 のプランです。

2層吹き抜けの玄関ポーチに斜めに「刺さる」壁が、住まいへと誘う仕掛けになっています。また斜めに設けたLDKのデッキは、近隣からの視線を遮りつつ、採光や通風を取り入れる機能を持っています。

f0212875_1291752.jpg

f0212875_1292461.jpg

f0212875_1293199.jpg

f0212875_1293693.jpg

f0212875_1294381.jpg

f0212875_1295092.jpg

f0212875_129598.jpg


今回も様々なアイデアが出揃いました。

皆様はどのプランがお好きでしょうか?

次回もご期待ください。
[PR]
by berk_house | 2016-06-30 09:00 | Trackback | Comments(0)
今回、ご紹介するコンペ実例は、敷地が道路面より80cmほど低くなっている例です。
しかも旗竿地の形状です。
低い敷地のため雨水への対応や日射などに工夫が必要です。

f0212875_1822287.jpg


ここに快適なお住まいを計画するために、コンペに参加する建築家は以下の3名です。

インターセクト 横川先生
田中剛建築設計室 田中先生
ラスティック建築研究所 河野先生

次回はどんな提案がなされたか、紹介します。
[PR]
by berk_house | 2016-06-23 09:00 | Trackback | Comments(0)
長雨が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
今回は「29坪の土地に建てる、3階建て2世帯住宅〈後編〉」
のコンペをご紹介してまいります。

お客様から頂いておりますご要望は以下の通りです。
・親と同居型の2世帯住宅とする。
・親世帯と子世帯は扉で行き来できるようにしたい。
・家の容積をできるだけたくさんとりたい。
・光がたくさん入る明るい建物にしたい。
・広くて開放的なLDKにしたい。
・対面型キッチンで、収納も充実させたい。
・2階or3階に書斎がほしい。
・3階に寝室が3つ必要。
・駐車場1台と駐輪場が必要。

まずは エアスケープ建築設計事務所 安藤 毅 先生 のプランです。

芸術的な外観が素敵です。
大きなアイランドキッチンはショールームのようなデザインです。
リビングには大きな吹抜けもあり、ゴージャスな空間を演出しています。

f0212875_1650532.jpg

f0212875_1651239.jpg

f0212875_16511024.jpg

f0212875_1651173.jpg

f0212875_16512944.jpg

f0212875_16513822.jpg

f0212875_16514648.jpg

f0212875_16515693.jpg

f0212875_1652534.jpg

f0212875_16521419.jpg


次は、幸田真一建築設計事務所 幸田 真一 先生 のプランです。

2階のLDKの中心に配置した書斎は、リビングのTVを見ることも出来たり、キッチンにもすぐ行くことができる、利便性の良い空間となりました。
f0212875_16523525.jpg

f0212875_16524592.jpg

f0212875_16525357.jpg

f0212875_1653268.jpg

f0212875_16531031.jpg

f0212875_16531985.jpg

f0212875_16532838.jpg

f0212875_16533711.jpg

f0212875_16534862.jpg


次は、 仲摩邦彦建築設計事務所 仲摩 邦彦 先生 のプランです。

各階の天井高を調節して、驚きの広さを実現させました。
2階にプラス1部屋増やすことも出来き、3階にもたっぷりと収納を計画できました。

f0212875_16541090.jpg

f0212875_16541872.jpg

f0212875_16542752.jpg

f0212875_16543534.jpg

f0212875_16544493.jpg

f0212875_1654523.jpg

f0212875_165515.jpg

f0212875_16551531.jpg

f0212875_16553420.jpg

f0212875_16554377.jpg

f0212875_16555181.jpg

f0212875_1656412.jpg

f0212875_16561298.jpg

f0212875_16561995.jpg


今回も様々なアイデアが出揃いました。

皆様はどのプランがお好きでしょうか?

次回もご期待ください。
[PR]
by berk_house | 2016-06-16 09:00 | Trackback | Comments(0)
梅雨で運動不足になりがちですが、いかがお過ごしでしょうか?
今回ご紹介しますコンペ事例は、
「29坪の土地に建てる、3階建て2世帯住宅」です。
お客様から頂いておりますご要望は以下の通りです。

・親と同居型の2世帯住宅とする。
・親世帯と子世帯は扉で行き来できるようにしたい。
・家の容積をできるだけたくさんとりたい。
・光がたくさん入る明るい建物にしたい。
・広くて開放的なLDKにしたい。
・対面型キッチンで、収納も充実させたい。
・2階or3階に書斎がほしい。
・3階に寝室が3つ必要。
・駐車場1台と駐輪場が必要。

今回コンペに参加する建築家は、

エアスケープ建築設計事務所 安藤 毅 先生

幸田真一建築設計事務所 幸田 真一 先生

仲摩邦彦建築設計事務所 仲摩 邦彦 先生

となります。
f0212875_12394325.jpg

f0212875_12461063.jpg

f0212875_12462246.jpg

次回はコンペの発表となります。
[PR]
by berk_house | 2016-06-09 10:00 | Trackback | Comments(0)
みなさまこんにちは。
暑い日も続き、植物が育つのも一層早くなってまいりました。
草むしりもなかなか大変な季節ですね。

さて、それでは早速先生方の案を見ていきましょう。

神田先生の提案です。

ビルトインガレージと母屋をブリッジでつないでいますが、
上手く玄関上の屋根となっております。
二階のテラスへのアクセスも、道路からは視野に入らないところから登れるように工夫。

全体的に、自然に逆らうことなく南東方向を向く計画です。
f0212875_14505486.jpg

f0212875_1451297.jpg

f0212875_1451837.jpg

f0212875_14511713.jpg

f0212875_14512572.jpg

f0212875_14513314.jpg

f0212875_14514125.jpg


鈴木先生の提案です。

欧州地方の建築を彷彿させる佇まい。
長い廊下をあえて作り、広さや深味を実感できるレイアウトです。
お庭も積極的に南北にとってますが、プライバシー性を上げるために高いRC造の壁を想定。
開放的な内部からの景色ですが、外部からは中が見えないくふうです。
f0212875_1452052.jpg

f0212875_14521071.jpg

f0212875_14521682.jpg

f0212875_14523814.jpg

f0212875_14524648.jpg

f0212875_14525393.jpg

f0212875_1453132.jpg


仲摩先生の提案です。

斬新!斬新です。
玄関は、一番奥へ。
お部屋を積極的に南へ。でもメインリビングは東西からの開口をメインに。
リビングへ行くまでに色々な景色や、場面が現れます。
スキップフロアに大階段!
楽しい!
f0212875_1454507.jpg

f0212875_14545799.jpg

f0212875_1455767.jpg

f0212875_14551479.jpg

f0212875_14552110.jpg

f0212875_14552987.jpg

f0212875_14553691.jpg

f0212875_14554342.jpg

f0212875_14563886.jpg

f0212875_14565019.jpg

f0212875_14565837.jpg


いかがでしたでしょうか?
また次回をお楽しみに!
[PR]
by berk_house | 2016-06-02 09:00 | Trackback | Comments(0)