建築家との家づくりのサポーター、ベルクハウススタッフの視点で建築家コンペの実例をご紹介します。


by berk_house

<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

小さくても快適に・・今回は各先生方からのプレゼントなります。

■Comma 神田先生

玄関ポーチの吹き抜けや、玄関ホールの豊かさ、2階リビングの勾配天井など
気持ちいい空間が沢山あります。

f0212875_2058212.jpg


f0212875_2059839.jpg


f0212875_2194883.jpg


f0212875_20594175.jpg


f0212875_20595282.jpg


f0212875_210102.jpg


■倉石・山本一級建築士事務所 竹石先生

共有で使えるウォークインクローゼットや洗面室の広さ(リネン庫)、出窓の提案など
実生活がイメージできるプランでした。

f0212875_21113513.jpg


f0212875_21115189.jpg


f0212875_2112395.jpg


f0212875_21121555.jpg


f0212875_21122952.jpg


■松井大輔建築設計研究所 松井先生

東側のコートテラスは周囲の視線も気にならずプライバシーを守った快適空間です。
2階リビングの開放感とデザインされた内部提案も住んだ時のイメージができワクワク感があります。



f0212875_21223469.jpg


f0212875_21225323.jpg


f0212875_2123440.jpg


f0212875_2123217.jpg


f0212875_21311526.jpg


f0212875_21232841.jpg


お施主様の望む意図を各建築家がコンペプラン提案という形でご提案いたしました。
人それぞれに個性があるように今回のプラン提案も沢山の可能性を見つけることが
できたと思います。


ベルクハウスの建築家と創る注文住宅

[PR]
by berk_house | 2014-11-27 19:26 | Trackback | Comments(0)
築25年以上の木造2階建て住宅は増築していて建蔽率、容積率共に現基準法をオーバーしているお住まいとなります。
小さくても開放的なお洒落な家にしたい!との想いからベルクハウスの建築家コンペ方式での計画がスタートしました。

今回のプランニング要望

■インパクトのある家にしたい
■明るく開放的なリビングが欲しい
■しっかり収納スペースが欲しい
■バルコニーやテラスの空間は広く取りたい
■寝室は各自欲しい

その他、沢山のご要望がありましたが、敷地形状を最大限に活かしてデザインされた住いを造りたいとの事でした。

今回、担当する建築家は下記となります。
■一級建築士事務所Comma      神田先生
■倉石・山本一級建築士事務所     竹石先生
■松井大輔建築設計研究所       松井先生

以上3名の先生です。
次回は、プレゼンテーションとなります


ベルクハウスの建築家と創る注文住宅

[PR]
by berk_house | 2014-11-20 19:04 | Trackback | Comments(0)
今回、南側に隣家が迫る敷地に快適な住まいをつくるためのコンペをご紹介します。

まず一人目、㈱KADO一級建築士事務所 笠松先生の提案です。
先生の提案は、敢えて南側の開口部を少なくし、北側より反射光を利用して室内に光を取り入れる提案です。

f0212875_2203925.jpg
f0212875_2205833.jpg
f0212875_221177.jpg
f0212875_2213337.jpg
f0212875_2215217.jpg
f0212875_222686.jpg


二人目、KOB建築設計事務所 小林先生の提案です。
先生の提案は、建物の形をL型にすることで、隣家との距離を離す提案です。

f0212875_227344.jpg
f0212875_227163.jpg
f0212875_2272833.jpg
f0212875_2274194.jpg


最後は、空創計画TT建築設計事務所 高橋先生の提案です。
先生の提案は、東南方向の建物の形を矩形にすることで、光と風を確保する提案です。

f0212875_221369.jpg

f0212875_22134019.jpg
f0212875_22135379.jpg
f0212875_2214736.jpg


皆さんならこの3提案の内、どれを選びますか?
[PR]
by berk_house | 2014-11-13 21:57 | Trackback | Comments(0)
今回ご紹介するコンペの敷地は西側が道路、南側は隣家が立ち並んでいます。


f0212875_21305976.jpg


そのような敷地条件の中で、如何に快適な住まいができるかがテーマとなります。
コンペに参加いただく建築家は以下の通りです。

㈱KADO一級建築士事務所 
笠松先生

KOB建築設計事務所 
小林先生

空創計画TTアトリエ一級建築士事務所 
高橋先生

次週どのような提案がされたかご紹介します。
[PR]
by berk_house | 2014-11-06 21:40 | Trackback | Comments(0)