建築家との家づくりのサポーター、ベルクハウススタッフの視点で建築家コンペの実例をご紹介します。


by berk_house

<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

前回、ご紹介しました旗竿地につくる家族の気配が感じられる家のコンペをご紹介します。

まず最初は沖野先生の提案です。
家族の気配が感じられるのように、ご主人の書斎とは別に1階と2階の間にスタディーコーナーをつくったプランとなっています。

f0212875_13414745.jpg
f0212875_1342135.jpg
f0212875_13421228.jpg
f0212875_13422516.jpg
f0212875_13423741.jpg
f0212875_13425330.jpg
f0212875_1343850.jpg
f0212875_13432359.jpg


次に、幸田先生の提案をご紹介します。
ご主人の書斎とリビングの間に中庭を取り入れたプランです。
中庭を通してリビングの様子を伺い知ることができます。

f0212875_13542297.jpg

f0212875_13543323.jpg
f0212875_13545282.jpg
f0212875_1355161.jpg
f0212875_13551085.jpg
f0212875_13551913.jpg
[#IMAGE|f0212875_13552789.jpg|201404/25/75/|mid|460|325

最後に、松井先生の提案のご紹介です。
道路から玄関が見えるようにデザインに特徴があります。
リビングの上に吹き抜けがあり、開放感があります。

f0212875_1515723.jpg
f0212875_15287.jpg
f0212875_152215.jpg
f0212875_152314.jpg
f0212875_1524320.jpg
f0212875_1525510.jpg
f0212875_153572.jpg


さて、貴方が関心を寄せた提案はありますか?
[PR]
by berk_house | 2014-04-24 13:48 | Trackback | Comments(0)
今回ご紹介するのは旗竿地を購入された方のコンペ事例です。

接道幅が2mで旗竿状の敷地です。
そのため東西南北を隣家に囲まれています。
南側を開ければ採光は望めます。

f0212875_16464344.jpg


ご要望としては、家族の気配が感じられる住まいです。
ご主人様がお住まいでも仕事をする機会が多いとのこと。
そのため書斎スペースは必須です。
しかし書斎に閉じこもっては、家族の気配が感じられません。
お子様も小さいので触れ合う機会も必要とのこと。

この計画に参加するのは以下の三人の建築家です。
沖野充和建築設計事務所 沖野先生
幸田真一建築設計事務所 幸田先生
松井大輔建築設計事務所 松井先生

次回は、コンペ事例をご紹介します。
[PR]
by berk_house | 2014-04-17 16:48 | Trackback | Comments(0)
こんにちは、今回は建築家コンペの発表となります。

50坪の土地に35坪の2階建て住宅で、東京では珍しい、大きな庭のある家の提案です。

 
①GOOG建築設計室  後藤先生

日照条件を考慮して、2階にLDKを計画しました。
玄関に入った時に、正面に見える大きな中庭は開放感が抜群です。
f0212875_1417345.jpg

f0212875_14192570.jpg
f0212875_14182388.jpg
f0212875_14181829.jpg
f0212875_14181122.jpg
f0212875_1418447.jpg


②幸田真一建築設計事務所 幸田先生

1階のリビングには大きな吹抜けを計画して、1階にも光を呼び込みます。
大きなにはの他に、玄関、キッチン、お風呂から見える、和風坪庭を計画しました。
f0212875_1420347.jpg
f0212875_14202793.jpg
f0212875_1420189.jpg
f0212875_14201165.jpg
f0212875_14195567.jpg


③一級建築士事務所comma      神田先生

1階にLDKを配置して、採光に有利は東側のトップライトから光を呼び込みます。
黒色のモダンな外観がおしゃれです。
f0212875_1420445.jpg
f0212875_14203915.jpg
f0212875_14203189.jpg
f0212875_14202413.jpg
f0212875_14205729.jpg
f0212875_14204921.jpg


以上、3名のアイディアが出そろいました。
光のとり方だけでも三者三様で、どれも魅力的な提案です。

あなたはどれがお好みですか?
次回もお楽しみに!
[PR]
by berk_house | 2014-04-10 04:10 | Trackback | Comments(0)
春の便りが次々に聞かれる時期となりました。

今回は、50坪の土地に35坪の2階建て住宅を、計画します。
東京では珍しい、大きな庭のある家の提案です。

f0212875_13422622.jpg

f0212875_21321240.jpg

クライアントの要望は、

・バーベキューのできるスペースが必要。
・西側に大きなマンションがあるので、日照を考慮した計画。
・1階リビングがいいのか、2階リビングがいいのか土地の条件を上手に考えた計画。
・食事は座卓を利用するので、キッチンとリビングダイニングと和室の関係性を工夫した計画。
・和風の坪庭で、見所のある家。
・家事動線のスムーズな家。
・洗濯をできるだけ簡単にできる動線。

今回、建築家コンペに参加する建築家は、

GOOG建築設計室        後藤先生
幸田真一建築設計事務所      幸田先生
一級建築士事務所comma      神田先生

となります。
次週のコンペプレゼンテーションにご期待ください。
[PR]
by berk_house | 2014-04-02 13:26 | Trackback | Comments(0)