「ほっ」と。キャンペーン

建築家との家づくりのサポーター、ベルクハウススタッフの視点で建築家コンペの実例をご紹介します。


by berk_house

<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


こんにちは。さてお待たせいたしました。
「濃い・深い!」都心に建つ、5人家族の3階住宅のご提案例をご紹介いたします。
家族は5人・自家用車1台・隅きり部には、消火栓と電柱があります。
近隣調和を図りながら、法規制・物理的な希望を満たしていかねばなりません。
いざ!

①アトリエCUのご提案です。
玄関のアプローチが自然なおしゃれ感を感じさせます。
ガレージからの外部収納もアイディアですね。
f0212875_11431418.png
f0212875_11432760.png
f0212875_11433679.png
f0212875_11434469.png
f0212875_11435332.png


②二番目にご提案は、GOOG設計室です。
混雑感を感じさせない設計ですね。これが以外に難しいのです。いかにシンプルにするか・・・
外観のイメージは、窓の配置を工夫してドット柄にように模しています。
f0212875_11492788.png
f0212875_11493579.png
f0212875_11494421.png
f0212875_11495325.png
f0212875_1150232.png
f0212875_11501260.png
f0212875_11502278.png


③ラストを飾る提案は、DEN設計です。
思い切ったセンター階段プラン!分断されがちな空間を、いかに繋げられるかを、しっかり補っている提案です。自転車置き場もついてました。
f0212875_11563621.png
f0212875_11564557.png
f0212875_11565162.png
f0212875_115725.png
f0212875_1157983.png
f0212875_11571681.png
f0212875_11572355.png
f0212875_11572957.png
f0212875_11573573.png
f0212875_11574264.png
f0212875_11574993.png
f0212875_1158569.png


今回のご提案は以上となりますが、敷地の法規制をいかにポジティブに転換するかが
大事なポイントです、「仕方ない」ではつまらないですからね。

ベルクハウスの建築家と創る注文住宅
http://www.berk.co.jp/
[PR]
by berk_house | 2014-03-27 10:10 | Trackback | Comments(0)

こんにちは。やっと春めいてきましたね。今回は、都心に建つ3階住宅をご紹介いたします。
約18坪の敷地に、自家用車とご家族5人を囲む住まいを追求します。
敷地は角地。電柱や消火栓・近隣配置や視線や外観の調和・斜線規制etc・・・かなえたい、守らなければならないルールも満載です。次週ご紹介いたします。。。

f0212875_11304138.jpg
f0212875_11305545.png

[PR]
by berk_house | 2014-03-20 10:10 | Trackback | Comments(0)
今回は、台形の敷地に建つ二世帯住宅の、
各建築家のプレゼンテーションとなります。

最初の提案は、贄田先生となります。

f0212875_1321466.jpg

f0212875_13223258.jpg

f0212875_13224930.jpg

f0212875_1323114.jpg
f0212875_13232361.jpg



 
二番目の提案は、大塚先生となります。

f0212875_13244516.jpg

f0212875_1325771.jpg

f0212875_13252983.jpg

f0212875_13254766.jpg

f0212875_1326476.jpg



最後の提案は、平木先生となります。

f0212875_13341925.jpg

f0212875_13344060.jpg

f0212875_133455100.jpg

f0212875_1335853.jpg

f0212875_1335293.jpg

f0212875_13355665.jpg




どの建築家の提案が選ばれるか楽しみです。


ベルクハウスの建築家と創る注文住宅

[PR]
by berk_house | 2014-03-13 00:00 | Trackback | Comments(0)
今回は、東京都世田谷区に計画する二世帯住宅のレポートです、
隣地がマンションのため、採光や視線に注意が必要な設計となります。

お施主様のご要望は、
・室内の防音、(二世帯間での音の問題の解決)
・外部の防音、(通行車両の振動や音の解決)
・構造の問題、(重量鉄骨やRC構造も検討していました)
・外構計画、 (既存の植栽との融合)
これらの要望を解決する設計を手掛けて頂きます。

コンペに参加される建築家は、
・「贄田建築設計事務所」の贄田先生、
・「TSKアソシエイツ」の大塚先生、
・「シゲルヒラキアーキテクト」の平木先生、

となります。
それでは次回コンペプレゼンテーションをレポート致します。


ベルクハウスの建築家と創る注文住宅

[PR]
by berk_house | 2014-03-06 09:22 | Trackback | Comments(0)
今回は平屋住宅のプレゼンテーションとなります。
早速3名の建築家のプラニングをご紹介いたします。

一人目は、岡崎先生です。
f0212875_204142100.jpg



建物をL字型に配置して庭を最大限に広く取れるようにしました。
周囲の状況から道路側ではなく、内側に展開したプラニングです。
主寝室へとつながる廊下が気持ちよさそうです。




二人目は、清水先生です。
f0212875_2043853.jpg



建物をH型に配置して中庭を用途に分けて2つに分断させたプランです。
一つの庭は小さくなりますが、用途を分けたことで使い勝手のよさそうな庭がうまれました。


三人目は、沖野先生です。
f0212875_20434193.jpg



建物の一部としての中庭を提案しました。
中庭を建物の外壁でグルリと囲むことでただの庭ではなく、
周囲と完全に分断されたプライベート空間としての中庭をつくりました。


今回も大きく方向性の異なる3つのプラニングとなりました。
敷地の広さを活かす3つの展開を確認することができました。
どのプラニングが選ばれるでしょうか?


ベルクハウスの建築家と創る注文住宅

[PR]
by berk_house | 2014-03-02 20:46 | Trackback | Comments(0)