建築家との家づくりのサポーター、ベルクハウススタッフの視点で建築家コンペの実例をご紹介します。


by berk_house

<   2013年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「密度の高い住宅街での、角地の立地条件と、外部視線を1階リビングでうまく両立させる方法」
本当に、さまざまな提案がでました。
どれもポテンシャルの高い提案に建築家の先生方による熱意を感じたコンペとなりました。

①アトリエ エッジの提案です!
f0212875_1848482.png
f0212875_1849523.png
f0212875_18492399.png
f0212875_18493610.png
f0212875_18494850.png


ど肝を抜かれるってこういうことですかね・・

②幸田真一建築設計事務所の提案です。
f0212875_18511530.png
f0212875_18522256.png
f0212875_18524414.png
f0212875_18525432.png
f0212875_18531368.png
f0212875_18532541.png
f0212875_18533531.png
f0212875_18534679.png
f0212875_18535758.png
f0212875_18541035.png

LDKが、優雅に広く採れています。堅実でありながらおさえる所しっかりつかんでます。

③KOETALO デザインオフィスです。
f0212875_18555831.png
f0212875_1856871.png
f0212875_18561880.png
f0212875_18563488.png
f0212875_18564579.png
f0212875_18565569.png


玄関の位置を変えてきました。
とてもシンプルですが、かっこいい!中庭を持つイメージです。

敷地が広くないから・・・・
旗竿状の敷地だから・・・・
気にしないでください。マイナス条件をプラスに転じるアイディアマンがここには沢山おります。

ベルクハウスの建築家と創る注文住宅
[PR]
by berk_house | 2013-06-20 09:00 | Trackback | Comments(0)
こんにちは!今回は埼玉県某所に建築するコンペティションの紹介です。
表題のとうりですが
「密度の高い住宅街での、角地の立地条件と、外部視線を1階リビングでうまく両立させる方法」
これがテーマです。
いわゆりる「角地」という立地ながら
・外部視線を断つ。
・1階リビングである。
という条件を密度の濃い住宅街でクリアしていかねばなりません。
2階リビングではなく、1階リビングで・・・・という希望が建築家の頭をひねらせます。

次回は実例をご紹介いたします。ご期待ください。
f0212875_17372123.jpg

ベルクハウスの建築家と創る注文住宅
[PR]
by berk_house | 2013-06-13 10:20 | Trackback | Comments(0)

品川のガレージハウス

今回は品川のガレージハウスのプレゼンテーション報告となります。



最初は、「シゲルヒラキアーキテクト」 平木先生です、

独立したライトコートが特徴のプランです。

f0212875_15172715.jpg

f0212875_15182672.jpg

f0212875_15193516.jpg

f0212875_15201124.jpg


f0212875_15242264.jpg

f0212875_15284468.jpg

f0212875_15303189.jpg

f0212875_15324119.jpg

f0212875_15331411.jpg

f0212875_15333189.jpg






続きまして、「アトリエ・シーユー」 竹石先生です。

2階のバルコニーと中庭の連続性があるプランです。


f0212875_15364150.jpg

f0212875_15401232.jpg

f0212875_15405912.jpg

f0212875_1541384.jpg






最後に、「元氣つばさ設計事務所」、高橋先生です。

ガレージと中庭の繋がりがあるプランです。

f0212875_1546189.jpg

f0212875_15465057.jpg

f0212875_1549431.jpg

f0212875_15504055.jpg




今回はどの先生の提案が選ばれるでしょうか?

ベルクハウスの建築家と創る注文住宅
[PR]
by berk_house | 2013-06-06 00:00 | Trackback | Comments(0)