「ほっ」と。キャンペーン

建築家との家づくりのサポーター、ベルクハウススタッフの視点で建築家コンペの実例をご紹介します。


by berk_house

<   2012年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧



今週は3人の建築家によるコンペプレゼンテーションとなります。

・シーズ・アーキスタディオ建築設計室  白崎先生

パティオのようなルーフテラスは近隣からも視線が避けられ気持ちいい。

f0212875_2303999.jpg


1階となります。無駄がなく玄関収納も広々取れています。
f0212875_233262.jpg


2階のリビングは光のシャワーが降り注ぎます。

f0212875_2354523.png



f0212875_2381011.jpg


・コエタロデザインオフィス          阿川先生

外観となります。デザイン性もありカッコイイ。

f0212875_23115758.jpg


f0212875_23121840.jpg


平面図となります。スキップフロアも楽しい空間となります。模型があるから分かりやすいのも特徴です。

f0212875_23145057.jpg


f0212875_23161182.jpg


断面写真です。リビングの吹き抜けは開放感があり広く空間を感じさせています。
f0212875_23181522.jpg


・一級建築士事務所 サオビ        島崎先生

外観となります。勾配をつくり変化をもたせています。
f0212875_2323954.jpg


平面図となります。リビングの動線は使いやすく家族の憩いの場となります。
f0212875_23253459.jpg


お子様部屋のカウンターデスクは皆で勉強ができる空間となります。
f0212875_23291952.jpg

f0212875_23271715.png



建築家は同じご要望を聞いた上で、それぞれの考え方で提案をされています。

間取りの可能性、他では見ることが出来無い新しい発見があります。

今回、お客様はどの先生の案を選ばれるのでしょうか。


ベルクハウスの建築家と創る注文住宅
[PR]
by berk_house | 2012-09-27 18:36 | Trackback | Comments(0)
今回は都内在住で土地購入をされたお客様のコンペをリポートさせていただきます。


今回のプランニングのご要望・・
・敷地内に駐車スペースを1台とりたい。
・アウトドア用品や趣味のロングボードがあるので上手く収納スペースが欲しい。
・お子様部屋には直接入れないように、リビング等を通り帰って来たことが分かるようにしたい。
・キッチン、ダイニング、リビング等の共有スペースはできる限り広く取りたい。
・ルーフバルコニーが欲しい。

その他沢山のご要望がありましたが大きくは上記の内容となりプランニングがスタートいたしました。

今回のプランニングを担当する建築家は下記となります。(50音順)
・一級建築士事務所 サオビ        島崎先生
・コエタロデザインオフィス          阿川先生
・シーズ・アーキスタディオ建築設計室   白崎先生

次回はコンペの内容をリポートいたします。

ベルクハウスの建築家と創る注文住宅
[PR]
by berk_house | 2012-09-20 12:55 | Trackback | Comments(0)
こんにちは。
本日はいよいよ先週告知いたしまいた
南道路・3方は囲まれた土地をFULLに活かした
夫婦+お子様の4人家族のコンペ計画をご紹介します。

敷地のポテンシャルが十分に活かしきることが求められます。
KEYは
・飽きのこないスタイリッシュであること。
・家族との輪を融合させ、プライバシーも守る。
敷地の条件が良い土地ならではの、さらなる高い希望が
要求されます。
とてもハイレベルな提案になりました。

①アトリエEDGEの提案からどうぞ。
f0212875_1434111.png
f0212875_14343886.png
f0212875_14345131.png
f0212875_1435472.png


その名もTUBEですよ!大変斬新ながらとても考えられた提案です。
玄関の造り込みもさすがです。2階リビング案でまとめてきました。
ユーティリティーコーナーはとても気になる発想です。

②田中剛建築設計室の提案です。
f0212875_14395787.png

f0212875_14383562.png
f0212875_14384963.png
f0212875_1439124.png
f0212875_14391764.png


こちらは「ぐるぐる」というテーマ。行き止まりがない、女性の家事動線を徹底追求した
プラン提案です。
回遊できる間取り=無題が少ない象徴となります。2階をFullに活用した
こちらもプライバシーにも配慮した提案。やはり2階がリビングがベストなのか???

③最後は、KOETALOデザインオフィスの提案です。
女性の建築家。どのような角度から提案するのか楽しみです。
f0212875_1443495.png
f0212875_1444210.png
f0212875_14441361.png
f0212875_14442665.png
f0212875_14443933.png
f0212875_14445772.png
f0212875_1445950.png
f0212875_14452267.png


きました!1階リビング案。今までの2階リビング案と違い、外こう周り(庭)の
提案を混ぜることで、建蔽率など制約を超えることができる視覚的広がりを持てる
空間となりました。
小さい子供と遊ばせるママの動線を配慮したのでしょうか?
しっかり「見守り型」の提案となりました。

当初から1階リビングでは広い空間を得ることが厳しいのでは?と
懸念していましたが、結果1階リビング案を提案したKOETALOさんの
案で進めることに・・・・。
やっぱり奥が深いです。。。敷地も活用。視覚的効果。建築家の提案が
よりこの敷地のポテンシャルを確認することができました。

次回もどうぞおたのしみに!

建築家と造るならベルクハウス。
[PR]
by berk_house | 2012-09-13 16:00 | Trackback
こんにちは。まだまだ残暑厳しい季節ですが、いかがお過ごしでしょうか。
今回ご紹介する事例は、東京都多摩地方に新築計画です。
まだまだお若いご夫婦+お子様の4人家族の計画です。
スタイリッシュにかつ家族との輪を融合させ、プライバシーも守る。
言葉にすると、ものすごく満点な住まいですが、これを近隣周辺の環境も配慮して
計画をするとなると、頭相当ひねらねばなりません。
建築家という、プロの設計の手腕が試されるところです。


参考になります!是非ご期待ください。。。。。

f0212875_10582641.jpg

3方囲まれた立地をどう活かしていくか。
[PR]
by berk_house | 2012-09-06 10:59 | Trackback | Comments(0)