「ほっ」と。キャンペーン

建築家との家づくりのサポーター、ベルクハウススタッフの視点で建築家コンペの実例をご紹介します。


by berk_house

<   2012年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

長方形敷地に建てるお庭がある家②

先週に引続き、長方形敷地に建てるお庭がある家のコンペレポートをお送り致します。
3人の建築家によるコンペプレゼンテーションです。


■沖野充和建築設計事務所 沖野先生
f0212875_1343184.jpg

f0212875_135260.jpg

f0212875_1353564.jpg

f0212875_1355850.jpg

f0212875_1362358.jpg

f0212875_1364915.jpg

f0212875_1372064.jpg


エントランスから、開放的な吹き抜けがあり、吹き抜け上部に設置された天窓から、
1階に光が差し込む提案と、どこにいても明るい空間の提案でした。


■ラスティック建築研究所 河野先生
f0212875_13102982.jpg

f0212875_13105388.jpg

f0212875_1311955.jpg

f0212875_13115582.jpg

f0212875_13122255.jpg

f0212875_13125229.jpg


1階LDKのご提案で、敷地を利用してお庭にワンちゃんを離して自由に遊ばせる事が出来るご提案でした。施主様の要望でもあった庭にアクセス出来るテラスも6帖以上あり、お庭と繋がったリビングも気持ちが良さそうな空間となっておりました。


■アトリエ・エッジ一級建築士事務所 伏見先生
f0212875_1316110.jpg

f0212875_131618100.jpg

f0212875_13163992.jpg

f0212875_1317857.jpg


玄関を入ると1階の各部屋に繋がっている20mもある廊下があり、広い玄関ホールの延長空間となっておりました。また、各部屋にはそれぞれプライベートガーデンが付いており、施主様もビックリされた提案でした。2階には広いルーフデッキがあり、2階でもワンちゃんが走り回れる空間を提案されておりました。

想像もしていなかったプランが、各先生方から提案されて施主様も大満足のコンペとなって、たいへん感動されておりました。
施主様はどのプランを選ぶのでしょうか。

ベルクハウスの建築家と創る注文住宅

[PR]
by berk_house | 2012-07-26 13:27 | Trackback | Comments(0)
長方形敷地に建てるお庭がある家

今回は、足立区のA様邸コンペをレポートいたします。
敷地形状が長方形で全室に明かりを取り入れた、家族みんなが自然に集まるリビングを希望されております。

今回のプランニング要望
■長方形の敷地形状でも全部屋を明るい部屋にしたい。
■ドックランを造りたい。
■リビングを広く、家族みんなが集まる空間にしたい。
■バルコニーを広く取りたい。
■開放的なLDKにしたい。
■自分達が想像出来ない、サプライズ提案をして欲しい。

その他、沢山のご要望がありましたが、敷地形状を最大限に活かしてデザインされた住いを造りたいとの事でした。

今回、A様邸のプランを担当する建築家は、
■アトリエ・エッジ一級建築士事務所     伏見先生
■沖野充和建築設計事務所           沖野先生
■ラスティック建築研究所            河野先生
以上3名の先生です。

次回は、プレゼンテーションの作品をご紹介いたしますので、ご期待下さい!

ベルクハウスの建築家と創る注文住宅

[PR]
by berk_house | 2012-07-19 14:18 | Trackback | Comments(0)
前回に引き続き、今回は3名の建築家によるコンペプレゼンテーションをご紹介したいと思います。
お施主様のご希望を取り入れ、さらに、各建築家の自由な発想が取り込まれたプレゼンが期待されます。
早速、建築家のプラン提案を見てみましょう。

■GOOG建築設計室  後藤先生
f0212875_1431321.jpg

f0212875_1433694.jpg

f0212875_1435414.jpg

f0212875_144750.jpg

f0212875_1442348.jpg

f0212875_1443997.jpg

後藤先生の提案は、大きなウッドテラスで外部との繋がりを創り、中庭で外部を家の中の空間として
取り入れ、庭を身近なものにしています。また、吹抜けを設け家全体に一体感を持たせています。
キッチン・パントリー・洗面・サービスヤードをまとめ、家事動線もコンパクトになっています。
さらに、12帖の小屋裏空間もあります。

■空間計画研究所    中町先生
f0212875_14231015.jpg
f0212875_14231937.jpg
f0212875_14232785.jpg
f0212875_14233942.jpg

中町先生の提案は、これぞ建築家というプランです。四角と三角のファサードが平面的にも立体的にも
交錯しています。LDKは庭で挟まれ、自然に囲まれています。また、リビングを少し高くしスキップフロア
とし、吹抜けを設け、2階の空間との繋がりを持たせています。
和室は少し離れた庭の見える場所に設けてあります。
キッチン・パウダールーム・食品庫・テラスの動線も配慮しています。

■シゲルヒラキアーキテクト一級建築士事務所  平木先生
f0212875_14435538.jpg
f0212875_1444543.jpg
f0212875_14441573.jpg

f0212875_14451215.jpg
f0212875_14452550.jpg
f0212875_14453634.jpg
f0212875_14454340.jpg
f0212875_14455142.jpg
f0212875_14455853.jpg
f0212875_1446560.jpg
f0212875_14461248.jpg
f0212875_14461954.jpg

平木先生の提案は、リビング・吹抜けを中心にプランニングされています。庭との繋がりのあるテラス、
一体的に使える和室がリビングをさらに広い空間にしてくれます。
キッチンの後ろには、WIC・サンルーム・洗面・パントリーがまとめられ、効率的な動線になるよう配慮
されています。
また、小屋裏部分には13帖のロフト・キャットウォーク、ルーフテラスが設けられています。


今回も様々なご提案、アイデアのあるコンペとなりました。
お施主様の望む意図を各建築家がコンペプラン提案という形でご提案いたしました。
人それぞれに個性があるように今回のプラン提案も沢山の可能性を見つけることが
できたと思います。

ベルクハウスの建築家と創る注文住宅
[PR]
by berk_house | 2012-07-12 15:38 | Trackback | Comments(0)
今回は、庭との繋がりがあり間仕切りのない広く感じる住まい創りのコンペをレポートいたします。

キッチンから家全体が見渡せるような空間の繋がりがあり広く感じる家、また、庭との距離感にも重点をおいた住まいを目指して、ベルクハウスの建築家コンペ方式での計画がスタートしました。

今回のプランニング要望

■無垢材を使用した自然風な住まい。
■キッチンから住まいが見渡せる。
■家事がしやすい動線。
■庭との程好い関係性。
■間仕切りを設けずに広い空間にしたい。

その他、沢山のご要望がありましたが、楽しく暮らせる住いを造りたいとの事でした。

今回、担当する建築家は下記となります。
■GOOG建築設計室  後藤先生
■空間計画研究所    中町先生
■シゲルヒラキアーキテクト一級建築士事務所  平木先生

以上3名の先生です。
次回は、プレゼンテーションの作品をご紹介いたしますので、ご期待下さい!

建築家と創る家ならベルクハウス
[PR]
by berk_house | 2012-07-05 16:27 | Trackback | Comments(0)