「ほっ」と。キャンペーン

建築家との家づくりのサポーター、ベルクハウススタッフの視点で建築家コンペの実例をご紹介します。


by berk_house

<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今回は先日ヒアリングした3角形の敷地に建てる3階建て住宅の
コンペプレゼンテーションをレポートします。
前回の内容を復習すると、
~今回のプランニングのポイント~
●なんといっても三角形の敷地形状を最大限に活かしたプランニング。
●建てられる建物面積にも余裕がないので最大限に広さを感じる空間提案。
●無駄な部分を極力なくしてLDK、居室等を広く活用したい。
●海の家をイメージした外観・インテリア。どこかに好きな水色を使いたいというご要望もあります。
●使う素材、質感にこだわりたい。
●和室を自然に取り入れたい
・・・・・etc

それではさっそく提案されたプランをレポートします。


●1人目の建築家はM建築設計室のS先生です。 
f0212875_16371539.jpg

f0212875_16374366.jpg

f0212875_16375799.jpg

f0212875_16381717.jpg



1階は玄関を最小のスペースで構成し、少しでも居室スペースを確保しました。
三角形の角部分は共に収納スペースとして活用しています。
2階は広さを最大限に感じさせるために3角形の1番長い辺に、
キッチン~ダイニング~リビングを構成しました。
1階の玄関スペースの最小提案はお施主様の価値観とピッタリでした。
最長辺を利用したキッチン~ダイニング~リビングの構成も気に入っていただけたようです。


●2人目の建築家はO建築設計室のO先生です。
f0212875_16384052.jpg


こちらはカースペースをビルトインとし、
その分2階、3階部分の広さを最大限に確保したプランでした。
オーソドックスな構成ですが一番大事なLDKの広さを感じられる提案でした。

●3人目の建築家はS建築設計室S先生です。
f0212875_163902.jpg

f0212875_17135694.jpg

f0212875_17141384.jpg

f0212875_17142737.jpg




こちらのプランは階段を東の奥に配置したこれまでにない構成でした。
西側に階段を設けていないので居室、LDK共に西側の道路に向かって気持ちの空間が実現されました。
リビングには3階の寝室に繋がる吹き抜けがあり開放的かつ明るい空間を提案しました。
階段を東側に配置した提案にお施主様はとてもお喜びでした。


今回は建築家が選ばれるでしょうか?


建築家と創る家ならベルクハウス
[PR]
by berk_house | 2011-11-30 17:15 | Trackback | Comments(0)
ベルクハウス平元です。
今回は少し変わった敷地形状の土地でのコンペをレポートいたします。
敷地形状は建物のプランニングを大きく左右します。
同じ大きさの敷地でも正方形と長方形では建物間取りも全く異なるものになります。
そんな中で今回プランのご相談を受けたのが三角形の敷地でした。
敷地の形はこんな感じです。

f0212875_22163230.jpg



~今回のプランニングのポイント~
●なんといっても三角形の敷地形状を最大限に活かしたプランニング。
●建てられる建物面積にも余裕がないので最大限に広さを感じる空間提案。
●無駄な部分を極力なくしてLDK、居室等を広く活用したい。
●海の家をイメージした外観・インテリア。どこかに好きな水色を使いたいというご要望もあります。
●使う素材、質感にこだわりたい。
●和室を自然に取り入れたい
・・・・・etc


ベルクハウスでは変形地のプラン要望も多いですが、今回は特に形に特徴があります。
コンペでどのようなプランが出てくるでしょうか?
次回、コンペのプレゼンテーションをレポートいたします。


デザイナーズ住宅を創るならベルクハウス
[PR]
by berk_house | 2011-11-26 22:26 | Trackback | Comments(0)
先週に引き続き、風致地区、延床面積30坪2階建てのコンペレポートをお送りします。

3人の建築家によるコンペプレゼンテーションです。

■ラスティック建築研究所 河野先生
f0212875_19453654.jpg

f0212875_2053844.jpg

f0212875_206450.jpg

住んでいて色々な演出を楽しめる間取りになっており、施主様の希望であった
自然の移り変わりを感じられる空間が幾つもあり、家の中を風が通り抜けていく、
気持ちの良い設計提案です。

■沖野充和建築設計事務所 沖野先生
f0212875_1949397.jpg
f0212875_19495893.jpg
f0212875_1950752.jpg
f0212875_19502666.jpg
f0212875_1950381.jpg
f0212875_19505454.jpg
f0212875_1951136.jpg

料理をしながら緑が見えて、家の中心にキッチンがある大空間と入浴しながらも
緑が見える提案でした。更に1階には書斎付きのシアタールームが設計されており、
シンプルの間取りの中にも遊び心がある提案です。

■中尾英己建築設計事務所 中尾先生
f0212875_19524911.jpg
f0212875_1953171.jpg
f0212875_19531224.jpg
f0212875_1953322.jpg
f0212875_19535320.jpg
f0212875_19541162.jpg
f0212875_19542897.jpg

道路から見たときの外観の存在感は、プラン段階でも伝わる印象的なデザインです。
プライベートを大切にしながら、開放的な空間が提案されています。
玄関も他の先生と違う配置で決められた空間の中で、広く見せるアイディアがあるプランです。


全てのプランが揃いました。
施主様はどのプランを選ぶのでしょうか。

建築家と創る家ならベルクハウス
[PR]
by berk_house | 2011-11-16 20:12 | Trackback | Comments(0)
今回は、世田谷区のS様邸コンペをレポートいたします。
木造2階建て+ロフトをご希望されております。

今回のプランニング要望
■風致地区の特徴を生かし、緑を多く使い周りに溶け込む家。
■自然の移り変わりを感じられる空間。
■緑を見ながら料理が出来るキッチン。
■バルコニーが沢山ある家。
■仕切りのない大空間のLDK。
■書斎兼用のシアタールーム。

その他、沢山のご要望がありましたが、住んで楽しい家造りが一番のテーマでした。

今回、S様邸のプランを担当する建築家は、
■沖野充和建築設計事務所 沖野先生
■中尾英己建築設計事務所 中尾先生
■ラスティック建築研究所 河野先生
(50音順)となります。
次回は、コンペの内容をレポートいたします。

建築家と創る家ならベルクハウス
[PR]
by berk_house | 2011-11-10 09:53 | Trackback | Comments(0)
先週に引き続き狭小住宅のコンペレポートをお送りします。

3人の建築家によるコンペプレゼンテーションとなります。

・シーズ・アーキスタディオ建築設計室  白崎先生

パティオのようなルーフテラスは近隣からも視線が避けられ気持ちいい。

f0212875_2303999.jpg


1階となります。無駄がなく玄関収納も広々取れています。
f0212875_233262.jpg


2階のリビングは光のシャワーが降り注ぎます。

f0212875_2354523.png



f0212875_2381011.jpg


・コエタロデザインオフィス          阿川先生

外観となります。デザイン性もありカッコイイ。

f0212875_23115758.jpg


f0212875_23121840.jpg


平面図となります。スキップフロアも楽しい空間となります。

f0212875_23145057.jpg


f0212875_23161182.jpg


断面写真です。リビングの吹き抜けは開放感があり広く空間を感じさせています。
f0212875_23181522.jpg


・一級建築士事務所 サオビ        島崎先生

外観となります。勾配をつくり変化をもたせています。
f0212875_2323954.jpg


平面図となります。リビングの動線は使いやすく家族の憩いの場となります。
f0212875_23253459.jpg


お子様部屋のカウンターデスクは皆で勉強ができる空間となります。
f0212875_23291952.jpg

f0212875_23271715.png


今回、お客様はどの先生の案を選ばれるのでしょうか。


同じ敷地で、同じご希望をお聞きしても建築家のプランはそれぞれ違います。

他では見ることが出来無い新しい発見があります。



次週もコンペブログお楽しみにしてください。

建築家と創る家ならベルクハウス
[PR]
by berk_house | 2011-11-03 18:00 | Trackback | Comments(0)