「ほっ」と。キャンペーン

建築家との家づくりのサポーター、ベルクハウススタッフの視点で建築家コンペの実例をご紹介します。


by berk_house

<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

述床20坪の住まい。

今回のご計画は2階建、述床約20坪の住まいです。
奥様のご実家の敷地の離れを取り壊し、そこに新築をご計画されます。
敷地にはご両親様の平屋が建っており、周りは畑という採光に恵まれた敷地です。

敷地には法的な制限があり、建築可能な広さも敷地によって定められております。
敷地全体の面積から今回建築できる建物面積を割り出すと延床面積で約20坪。
建築家の提案力の見せ所、という計画です。
建物の広さは単純に床面積だけでは決まりません。
同じ20帖のLDKでも天井高が2400か2600、あるいは4000では広さの感じ方は
まったく異なります。
空間の捉え方、法的にカウントされないプラスαの提案も必要かもしれません。
皆様の中にも、建物が広く建築できない敷地をご所有、もしくは検討中の方も
いらっしゃるのではないでしょうか。
今回のレポートを参考にしてください。

●現地写真
手前に建っている離れを取り壊し新築します。
f0212875_19513148.jpg



ポイントは、
・母屋の日当たり、風通し、駐車、圧迫感など、悪影響を与えないこと。
・限られた面積の中で何を優先とするのか。
・法定面積以外のプラスαの提案。
・無垢財や珪藻土など、自然素材を使ったナチュラル感。
・デザイン性。

今回の参加建築家は、
・GOOG建築設計室     後藤隆史 先生
・一級建築士事務所     島崎衛 先生
・SOU建築設計室      清水義文 先生
(50音順)
の3名です。

次回のプレゼンテーションをお楽しみに。


注文住宅ならベルクハウス
[PR]
by berk_house | 2011-06-30 20:25 | Trackback | Comments(0)
こんにちはベルクハウスの秋山です。

前回、国分寺市のM様コンペのヒアリングシートをご紹介しましたが
今回はいよいよプレゼンテーションになります!

最初の建築家はイオンアーキテクツ設計事務所の井手さんです。

f0212875_8203336.jpg
f0212875_8204624.jpg
f0212875_8205544.jpg
f0212875_821561.jpg
f0212875_8214372.jpg
f0212875_8215453.jpg
f0212875_822374.jpg


2人目の建築家は田中哉子建築設計事務所の田中さんです。
f0212875_8232952.jpg
f0212875_8234148.jpg
f0212875_8234944.jpg
f0212875_824178.jpg
f0212875_824996.jpg


最後の建築家は浜田建築設計事務所の浜田さんです。
f0212875_8252722.jpg
f0212875_8253742.jpg
f0212875_8254752.jpg
f0212875_8255557.jpg





そして3人の建築家のプレゼンテーションが終了し選ばれた建築家は・・・・


f0212875_8265454.jpg

イオンアーキテクツ設計事務所の井手さんになりました!

プレゼンテーション終了後にM様の感想をお伺いしました。
f0212875_827195.jpg



その後M様と打合せを重ねて3月に無事竣工しました。
f0212875_827914.jpg


M様。
これからはアフターメンテナンスになりますが、引き続きお付き合いのほどよろしくお願いいたします。


またこちらの建物は第三者検査機関ホームリサーチの3つ星基準をクリアした建物です!
f0212875_8391971.jpg


建築家と創る家ならベルクハウス
[PR]
by berk_house | 2011-06-22 08:45 | Trackback | Comments(0)
こんにちは。
営業担当の秋山です。

今回は、国分寺市で新たに土地をご購入されたM様の計画です。

f0212875_11403421.jpg

まだ既存の建物がある状態です。

M様はお風呂に対するこだわりと将来学習塾を開催するというちょっと変わったいえづくり。
そこでコンペに参加する建築家を選定するためにM様にヒアリングシートを記入してもらいました。
f0212875_11314750.jpg
f0212875_11321755.jpg
f0212875_1133777.jpg
f0212875_1136204.jpg
f0212875_11364684.jpg

M様が一生懸命記入してくれたヒアリングシートです!



M様の夢が実現出来るよう営業部みんなで相談して3人の建築家を決定しました!


㈲イオンアーキテクツ設計事務所
井手先生
f0212875_11423668.jpg

田中哉子建築設計事務所
田中先生
f0212875_11451533.jpg

有限会社 浜田建築設計事務所
浜田先生
f0212875_11463962.jpg

次回はプレゼンテーションの内容を掲載いたします。

注文住宅ならベルクハウス
[PR]
by berk_house | 2011-06-16 11:54 | Trackback | Comments(0)

2階建、33坪のコンペ。

前回に引き続き平元がレポートいたします。
ほぼ正形の敷地ですが道路と面する間口が少し狭いという敷地条件です。
今回のお施主様はご夫婦とお子様2名の計4名様家族、
述床約33坪と一般的にも多い条件ですので、参考にしていただける方も多いと思います。


POINT
・今回のテーマは「外部との繋がり」、特に空を眺めるのがご主人様の趣味です。
・バスルームは眺めの良い場所に設置したい
・趣味の多い(空手・茶道など)ご主人様なので趣味スペースも重要となります。
・将来的にはお子様の部屋2室を1室として利用できるようにしたい。
・将来的に起業し自宅の一部を事務所に活用したい。
・基本的に間取りは建築家にお任せ、建築家の提案力が試されます。



●GOOG建築設計室 後藤先生
f0212875_2385654.jpg

f0212875_23103119.jpg

f0212875_23105824.jpg

f0212875_23113077.jpg


スキップフロアによる提案です。
平面図では分かりづらいので一番上の断面図をご覧下さい。
それぞれのスペースごとに半階ずつ空間が分かれております。
リビングダイニングとキッチンは中庭によって空間につながりを持たせます。
バスルームはバスコート付のゆったりスペース。眺めも良さそうです。
お子様の部屋は最上階に。リビングを通過しないと自分の部屋にはいけない教育上の配慮がされてます。



●SOU建築設計室 清水先生
f0212875_23253492.jpg

f0212875_23255368.jpg

f0212875_2326717.jpg


バスルームを3階にもってきました。
当然2階建ての建物と思い込んでいたY様もビックリ。
しかもバスルームから夜空が眺め放題、屋上も十分な広さが確保できます。
外部とのつながりもグレーチングバルコニーで十分な広さが確保、
玄関脇のパティオも楽しいスペースとなりそうです。



●空創計画TTアトリエ 高橋先生
f0212875_23262858.jpg

f0212875_23265053.jpg

f0212875_2327630.jpg


先の2名のスキップフロア、3階建のプランと比べると1見地味に見えますが、
細部まで考え込まれた素晴らしいプランでした。
玄関アプローチはシンボルツリーを配置、
石畳で一度クランクさせ玄関まわりに重厚感を与えます。
階段12段目のアトリエはLDKと2段の段差があり、
その段差が他のスペースと別空間を作り上げる技ありの提案です。
LDKはシンボルツリーを中心にリビングとダイニングキッチンが
付かず離れずの丁度良い距離感、
和室を含め2階がグルッとつながった回遊プランでした。



今回もまったく異なる3名の提案となりました。
ご興味のある方は、コンペにより色々な可能性をご覧いただき、
どれが自分たちのライフスタイルに合っているかご覧下さい。


デザイナーズ住宅を創るならベルクハウス
[PR]
by berk_house | 2011-06-09 23:30 | Trackback | Comments(0)
ベルクハウス平元です。
今回のコンペは100坪の敷地の2世帯住宅計画です。
敷地は100坪、そこに奥様のお母様と同居の完全分離型の2世帯住宅を計画します。
敷地の広さに余裕があるので、建物には様々な提案が予想されます。
建築家の提案がとても楽しみな物件です。

POINT
・玄関2つの完全分離型の2世帯住宅。
・近づきすぎず、離れすぎず、お互いのプライバシーを確保できる間取り。
・生活時間帯が異なるので生活音の気にならない間取り。
・お母様住居は将来のことを考え平屋、ご夫婦世帯は2階建。
・敷地に余裕があるので駐車スペースや、将来、土地の一部を売却できるような可能性も。
・光をうまく取り入れられるような、平屋と2階建の建物配置、もしくは採光の工夫。
・コスト面も考慮。


3名の建築家はどのような提案をするでしょうか?

●シーズ・アーキスタディオの白崎先生
f0212875_21294526.jpg

f0212875_21303949.jpg

f0212875_21313129.jpg
f0212875_2133463.jpg


南側から「平屋~中庭~2階建」の建物配置で2階建て部分の1階部分も十分に光が入る建物配置を提案しました。
設けられた20帖ほどの広さの中庭はお子様が遊ぶには十分なスペースを確保、同時に両世帯の丁度よい距離感を保つのに役立ちます。



●遼設計室の大石先生
f0212875_2145719.jpg

f0212875_21452351.jpg

f0212875_21455028.jpg

f0212875_2146546.jpg

f0212875_21461841.jpg


建物の中央部に中庭を設け、敷地の広さを最大限に活かしたダイナミックな提案でした。
平屋・2階建部分の配置も採光を考慮し、建物中央部の中庭からは光・風が建物全体に降り注ぎます。外観も邸宅と言うにふさわしい重厚感のある佇まいです。
コスト面が気になりますが、すばらしい提案内容でした。



●SOU建築設計室 清水先生
f0212875_21594539.jpg

f0212875_2201211.jpg


将来の土地の売却の可能性に配慮し建物を北側に配置、コスト面を重視しなるべく4角形に近くなるように間取りを組みました。少しでも無駄をなくすために2階部分が平屋にかぶさっている部分がありますが、その部分に水周りをまとめることで2階の物音もお母様居住スペースには影響がでないように配置が工夫されております。
一見おとなしく見えますが、コスト面に重点を置いた考え抜かれた提案でした。


以上の3名の建築家が、まったく異なる3様のプランを提案しました。
果たしてどの建築家が選ばれるのでしょうか。


注文住宅ならベルクハウス
[PR]
by berk_house | 2011-06-02 22:13 | Trackback | Comments(0)