建築家との家づくりのサポーター、ベルクハウススタッフの視点で建築家コンペの実例をご紹介します。


by berk_house

<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

建築家ヒアリング

こんにちは。
ベルクハウス営業の秋山です。

今日は、建築家コンペの様子ではなく
コンペの前に行う、建築家ヒアリングの様子を
お伝えします。

建築家とつくる家で重要になるのが、
この建築家ヒアリングです。

建築家ヒアリングは、お客様と建築家3人と営業が同席して
全員で同時にヒアリングを行います。

この2時間程度のヒアリングで、お客様様の生活スタイルや
ご要望・イメージをどれだけ聞き取る事が出来て
お客様の思いを建築家が共有出来るのか。

各建築家のヒアリング能力が試される場です。
と同時に、建築家の個性や性格も少しは感じる事が出来ます。

このヒアリングの盛上がり状況次第で
今後提案するプランにも大きく影響が出て来る重要な時間です。

さて、今回お客様は、日頃大変お忙しい方で
展示場でのヒアリングではなく、ご自宅にお伺いしての
建築家ヒアリングとなりました。


いきなりの建築家3人との対面で、お客様は少々緊張気味。。。

でも、時間が経過するにつれて、ご自宅と言う事も有り
ご意見・ご要望もどんどん出てきてリラックスした
和やかな雰囲気でヒアリングを行う事が出来ました。

f0212875_13254090.jpg


ご自宅でのヒアリングを行う事で、現在の生活スタイルも
見る事が出来るので、建築家もイメージを掴み易かった様です。

ヒアリングの時間は2時間程度でしたが、お客様と建築家の間で
充分にご要望やイメージのキャッチボールが出来ました。

さあ、
今回の建築家3人から、どんな面白い提案が出て来るのか
今からお客様も私もワクワクです。

デザイナーズ住宅を創るならベルクハウス
[PR]
by berk_house | 2011-02-24 13:45
こんにちは。

今回の建築家コンペは、営業の黒木がお伝えします。


今回のお客様のご要望は、
「2Fリビングでホームパーティーを楽しみたい!!」です。

バルコニーと一体感の有る広々としたリビング空間をご要望。

さて、今回はどのような建築家のプランが出てくるのでしょうか。


1人目の先生は、藤田征樹 建築設計事務所 藤田先生です。

北面の2FのLDKは約22帖。
広いテラスとの一体感で、
かなり気持の良いリビングの提案になっています。

南側のバルコニーからは、お庭も見えます。

f0212875_14292187.jpg


今回の模型です。
f0212875_1429338.jpg
f0212875_1430020.jpg
f0212875_1430992.jpg

奥行17mの敷地を最大限有効に使った提案になっています。


2人目の先生は、腰越耕太建築設計事務所 腰越先生です。

腰越先生は、2FLDKは家事動線を考えた、
セパレートキッチンの提案で、奥様に好評のプランです。

LDK+10帖のバルコニーで、屋内とのつながりも考えられています。
皆でホームパーティーをしている姿が想像出来ますね。
f0212875_14543261.jpg

パースの提案も、分かりやすくていい感じです。
f0212875_14544272.jpg


模型の方は、
f0212875_1705998.jpg
f0212875_1712257.jpg
f0212875_1713838.jpg

模型に色も付いていて、臨場感があります。
家の中も詳しく見る事が出来るので、
こう言う模型は見てるだけでワクワクしますね。


3人目は、アトリエ・アンド・エス 佐々木先生です。 


佐々木先生の図面は非常に見やすい図面になってます。
細かくコンセプトも書いてくれています。

f0212875_17828100.jpg
f0212875_1783892.jpg


外観は、凹凸をつけて表情を出しています。
ウッドデッキテラスの部分に色を付ける事で
建物の特徴的なアクセントになってます。
f0212875_20295551.jpg
f0212875_2030868.jpg
f0212875_20301843.jpg



今回のコンペは、敷地の間口が6mで奥行が17mと言う
奥に長い敷地条件でしたが、その条件を有効に活用した
面白い3プランだったと思います。

では、次回もお楽しみに!


お知らせ
2月19日(土)・2月20日(日)に世田谷区桜丘にて
完成現場見学会を開催いたします!!

詳しい事はこちら ↓
デザイナーズ住宅を創るならベルクハウス
[PR]
by berk_house | 2011-02-17 20:43

趣味部屋の有る家

こんにちは。
ベルクハウスの斎木です。

今回の建築家コンペは、趣味の部屋が有るお家のコンペを紹介します。

今回のお客様は、ご主人の趣味がピアノと言うご家族です。
お家に対するご要望は、勿論、1階に趣味部屋(ピアノ室)が有って
立地条件を活かし、皆が集まりたくなる明るく広いリビングが欲しいです。

ご主人の趣味のお部屋も贅沢ですが、それ以上に明るく広い2Fリビングが
どんな感じに出来るのかが楽しみなお家になりそうです。

では、早速ですが建築家コンペの様子をお伝えします。



まずは、杉本設計室 杉本先生です。

この図面は、先生の考え方が事細かに書かれています。
図面を見るだけで、先生のコンセプトが誰でも分かります。
家相もしっかり検討してのプランニングになっています。
f0212875_1282870.jpg
f0212875_1283989.jpg


模型はこんな感じです。
f0212875_129285.jpg

屋根の形が特徴的な外観になっています。


次の先生は、一級建築士事務所 サオビ 島崎先生です。

先生は、得意のスキップフロアの提案です。
スキップフロアは、目線の位置が変わる事によって
空間の変化をつけること出来、目線が変わることで
同じ広さでも、空間の広がりを感じる事が出来る手法です。
この提案には、お客様も驚いていました。

f0212875_12143566.jpg
f0212875_12144570.jpg


これが今回の模型です。
スキップフロアは模型で見ると、階層の分かれ方が良く分かります。
平面図では分からない、各階の段差が見るだけで理解できます。
模型を使ったプレゼンを行うメリットは、立体的に部屋を見て
リアルに状態が理解出来る所にあると思います。
f0212875_1215183.jpg
f0212875_1215118.jpg

お客様も何度も何度も、模型を手にとって覗き込んでいました。




最後は、浜田建築設計事務所 浜田先生です。

浜田先生は、コンセプトをしっかりと説明する事から
今回のプレゼンをスタートされました。

テーマは、「光あふれるリビングの家」と言う事で
2Fのリビングに「風・光・視線」の全ての要素を
バランス良く取り入れたプラン提案になっています。
派手さは無い中で、お客様のご要望をしっかりと取り入れた
非常にバランスの良いお家になっています。
f0212875_12313882.jpg
f0212875_12314743.jpg


模型は、シンプルですがボリューム感も有って
かっこいい外観になっています。
f0212875_12315528.jpg
f0212875_1232457.jpg

お客様も3つ目の模型になると、模型の見方も覚えて
色々な視線で模型を楽しんでいました。


今回の建築家コンペは、先生方それぞれの建築に対する考え方の違いが
はっきりと出たプレゼンだったと思います。

最初は、趣味部屋のピアノ室に話題が集中するのかと思っていたのですが、
思った以上に、皆で過ごすリビングスペースの話でそれぞれが盛り上がった
終始笑顔の楽しいコンペの時間でした。

お客様も帰り際に、
「建築家コンペの醍醐味を味わえて、今日は大満足です!!」
と、笑顔で言って頂けました。

建築家コンペは、お家を検討する際の大きなイベントです。
これから、建築をご計画される方は
建築家コンペの面白さを、ご家族皆様で体感して頂きたいです。

では、次回をお楽しみに。

デザイナーズ住宅を創るならベルクハウス
[PR]
by berk_house | 2011-02-10 12:57
こんにちは、ベルクハウスの秋山です。

今回は、二世帯住宅をご希望のお施主様のコンペの様子を紹介します。

二世帯住宅と言っても色々なタイプの二世帯住宅が有るのですが、
今回は、基本的には完全に親子世帯を別に考えたタイプになります。

最近、二世帯住宅をご要望される方が増えて来た様な気がします。
その中で特に多いのが、将来は賃貸に出来る様にと言う希望です。

今回のお施主様も、将来的には賃貸として貸せる様な間取りのご要望を
頂きました。

さて、延べ床面積が40坪の中でどのような二世帯住宅の提案が出て
来るのか、早速お伝えしたいと思います。


では、1番目の先生の作品から紹介します。

1番目の建築家の先生は空創計画 TTアトリエ 高橋先生です。

高橋先生は、世帯は分かれているけれど適度に気配が感じれる
間取りの提案をして来ました。
将来的には、リフォームで間取りの変化が出来る提案です。

親世帯は、引き戸をメインに安全性・快適性も考慮されています。
f0212875_15544417.jpg


コンペも和やかな雰囲気でした。
f0212875_15591181.jpg


今回の模型はこんな感じです。
f0212875_160491.jpg
f0212875_160154.jpg
f0212875_1602913.jpg

シンプルな外観ですが、シャープな外観でかっこいいです。


2番目の先生は、宿野部建築設計事務所 宿野部先生です。

先生は、 『世代をつなぐ家』と言うテーマでの提案です。
ご家族皆様のご要望を出来るだけ取込んで、風通し・機能面共に良く考えられた
プランになっています。
注文住宅ならではの、気の利いた収納が多いのも特徴的です。
f0212875_1665415.jpg


模型の中も完成度が高く、お施主様も興味津々です。
f0212875_1682351.jpg


模型の方は、和モダンのテイストを取り入れた外観になっています。
f0212875_16101154.jpg
f0212875_1610186.jpg
f0212875_16102937.jpg

模型の中も細かく作りこまれています。


最後は、㈱佐川 旭建築研究所 佐川先生です。
先生は、 『ミンナガアツマルコノイエ』と言うテーマでの提案です。
テーマにも有るように、二世帯住宅なんだけど、家族みんなが繋がりをもって楽しく暮らせる
提案が多く詰まったプランになっています。
f0212875_16142792.jpg


先生のコンセプトトークに皆様真剣に聞入っていました。
f0212875_16155829.jpg


模型の方は、他の先生とはテイストの違う外観で部屋の中も見る事が出来て
分かり易い模型になっています。
f0212875_16171986.jpg
f0212875_16172738.jpg
f0212875_16173680.jpg



以上が、今回のコンペの報告になります。

 二世帯住宅の提案は、親子世帯それぞれのご意見も取り入れて
皆様が楽しく・快適に住める提案をしなくては成らないので
非常に難易度が高いプラン提案が要求されます。

 今回は、3人の建築家がそれぞれハッキリとしたテーマを持っての
プレゼン提案だったので、ご家族皆様に、建築家とつくる二世帯住宅の
間取りの可能性を充分にご理解・ご納得頂けたコンペになったと思います。

 
 では、次回の建築家コンペの模様もお楽しみに。

 建築家と創る家ならベルクハウス
 
[PR]
by berk_house | 2011-02-03 16:27