建築家との家づくりのサポーター、ベルクハウススタッフの視点で建築家コンペの実例をご紹介します。


by berk_house

<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

建築家の決定!!

こんにちは。

すっかり、秋の空気に変わり、涼しくなってきました。
今日お打ち合わせのお客様は、寒がりでストーブを利用されていると
聴き、人によって気温の快適さが違うことを改めて感じさせられました。

さて、今回で私、外山のコンペブログは最後になります。

前回3名の建築家の提案を受けて、お客様が誰を選んだのか・・・・

 コンペ後の感想では、ご主人様はズバリ 「この先生!!かな・・・」とのご返事でした

奥様は・・・「迷ってます・・・○○先生と△△先生悩みどこですね・・・」とお悩みでした。

でしたが、お二人ともにコンペでいろんな可能性を見ていただいて表情は明るく、それを感じて

私もホット一安心しました。

その夜のメールで以下のような返事を頂いております。


「本日もよる家内と模型をあっちこっちひっくり返し、電気を消して懐中電灯で光の入り方などをみたりして悩んでいます。」


深夜の0時のメールでございます。真剣に考えていただいている証拠でうれしさが込み上げてきました!!

2日後にご返事頂いき選んで頂いた建築家は・・・


その前に各先生に対する評価を皆さんに見ていただければと思います。



ご主人の白崎先生について・・・
f0212875_20445313.jpg


  高橋先生について・・・

f0212875_20455849.jpg


悪かった点についてもいくつかありますが、非常に細かい点を挙げていただいています。
今後の修正点になりうるポイントですね!!

  鈴木俊成先生については・・・

f0212875_20475379.jpg


2階リビングの提案は良かったのですが、2階玄関の動線は将来ご両親と同居を考えると
使い勝手に問題があるようです。



ご主人は 高橋先生に決定!!



奥様の評価はというと・・・

f0212875_205588.jpg




最後まで奥様がお悩みだったのは、白崎先生と伺いましたが

最後は高橋先生をお選びいただきました。


建築家の選定は、提案の内容ももちろんの事、家創りを託す相手として相性や話やすさ、価値観の一致など
様々です。

今回は特に、「なぜそのプランの提案になったのか?」というプロセスがご夫婦二人の納得度や自身の住まう家としてスッと受け入れられたかがポイントになりました。

選んで頂きながら、悪かった点は今後、ご提案を活かすポイントになります。
コンペで完璧なプランはありませんのでここからが、真のご提案のスタートになります。
今回のお客様もご自身の要望の優先順位と要望の修正を合わせ、高橋先生と進めるにあたり
たくさんの今後の向けての要望を頂ました。

f0212875_2161258.jpg


結果として

・エレベーターは中止スペースを有効活用
・キッチンは広く修正
・窓を多く配置して、庭への視線を広める
・庭から螺旋階段をつけて二階のルーフバルコニーと連結する
・ご両親と同居の部屋と趣味の音楽室は兼用で考える
・子供部屋から小屋裏部屋へと各二階のお部屋と天井裏を通じてつながる間取り
などなど


どんどん、理想の間取りに近づくご要望を頂きました。

その後、ご要望を反映していった結果・・・
ベルクハウスで家創りのご返事を頂きました。(嬉)

ですが
なんと2F LDKの案に修正してお子様の部屋も2Fに配置してお子様の気配が感じ取れなくなるという
2F LDK案の弱点を克服した、プランが基本になりました。

現在は、完成に向けて打ち合わせを進めております。
完成後、皆さんにご紹介できる素敵な家になる事でしょう!!


このブログを通じて、家創りの楽しさやコンペの良さを少しでも感じていただけたら何よりです。
建築家の知恵袋は見たこともないアイデアで溢れています。
担当の私もプレゼンの日は今でもお客様とともに楽しんでいます。
是非、皆さんもご計画の際は、ご相談ください。
70名の建築家から一生の出会いをご提案させていただきます。

ご覧頂いた皆様、ありがとうございました。



 次回のコンペブログをお楽しみに!!
[PR]
by berk_house | 2010-10-24 21:37

三つの可能性

こんにちは!!
今回のコンペブログを担当しております外山です。

三連休も最終日を向かえ立川展示場よりブログの更新をしております。
昨日までの曇り空を吹き飛ばしたような青い空が広がっています。
運動会がやっと開催できそうな一日になっております。

 さて建築家コンペですが、ヒアリングを終えて、2週間のお時間を頂いての
待ちに待ったプレゼンテーションです。

三名のプレゼンを受けて頂くので、建築家一名約1時間ご提案の説明やご質問で頂いております。

 ご提案1案1時間 × 建築家 3名 = 3時間

「えっ!!3時間も?」とちょっと飽きてしまうかもなんて思われた方・・・
大丈夫です。 あっという間の興奮や希望に満ちた、濃密な時間を過ごして頂けます。

では、前回、ご要望で上がっていたLDKを1階か2階かのそれぞれの先生の提案の違いも含めてご覧ください。

 
一人目の提案はシーズの白崎先生です。
ご夫婦ならではの目線でのご提案です。

模型をいろんな角度からご覧頂きますと・・・
f0212875_16274288.jpg

ご覧のようなコノ字型の間取りにより採光、採風を高めた一階LDKのご提案です。


コノ字型は家のどの部屋にも光や風の取り入れを充実させる上で、有効な間取りです。一階に2階に関わらず気持ちの良い空間を造り上げます。


中庭はデッキとして、パーティ時に利用し、来客時には外からそのままデッキへ入る事が可能な提案です。
また、中庭の壁は、プロジェクターなどの映写機を使って映像鑑賞ができるような御提案です。
玄関からカーポートまでも濡れずに行き来できるところも機能的!!
趣味の音楽室も防音対策バッチリです。


 二人目のご提案は、空創アトリエ 高橋先生です。
 ご提案をされる際に、現地に赴き幾時間か交通量や周辺の雰囲気をお調べになったそうです。
 先生からの提案で、意識されたのは
 お隣の家が緑に囲まれている為、その緑の連続性を道路と敷地との間に残すことで
 周辺の家との一体感を残しつつ、ご提案を意識したものです。

 模型は屋根が取れて細かく間取りを上から確認できます。

f0212875_1784118.jpg


LDKは1階の案でご提案です。
お子様が一人ということもありリビングイン階段の考えで、お子さんの気配を感じ取りやすい間取りを
提案されました。
また、周辺環境が角地で道路に2面に接している為にLDKへ光や風が十分に期待できる事を計算した
内容です。

この家を象徴しているのは、明るく解放感のある高天井!!
f0212875_15441258.jpg


そして、リビングやダイニングから大きく窓を全開口にしてパーティなどでは多くの人が家の中とテラスを
一体的に空間をシェア頂けます。
お客様からは、「造りつけのソファなんかあったらいいねぇ」と早くもいろいろ御要望を伺えました。

その他にも
全ての2Fの部屋を繋ぐ大きな小屋裏天井2Fのルーフバルコニーのご提案も各部屋から家族の憩いの場にして頂けます。
たっぷりの収納やアウトドアを収納できる外部収納(バックヤード)
そして、できたらと要望されていた車2台ビルトイン
の提案でした。

 
最期は、鈴木俊成先生のご提案です。

二人の先生が一階LDKでの提案でしたが、唯一二階LDKの提案です。
ところが・・・
そうすると、心配されているお子さんの家への出入りを感じ取れなくなってしまいます。
それを解消する為に何と、
二階玄関のご提案です。
f0212875_16382330.jpg


よく見て頂くと玄関ドアが上の方にあるのを見て頂けます。
玄関を2Fに配置することで、必ず、LDKを通って子供部屋に行く動線の提案です。
気になるLDKと繋がるテラスも二階に配置して
より空を感じて頂ける提案となっています。
 角地であるとはいえ、2Fからの空の広さは、開放的な空間を創り上げます。


さあ三つの提案が出揃って、いろんな可能性を見て頂きました。

どれもそれぞれ特徴がある提案になりました。
ポイントは・・・

・LDKは一階か二階か?
・車は2台をどうやってスペースをとるのか?
・LDKとテラスとの関係性  その広さや形はどうするか?
・収納は十分にとれているか?
・LDKの解放感はどうやって演出しているか? 吹き抜け?高天井?窓の開き具合?
・光の採り入れと風の採り入れは?


いろんな可能性を見て頂いたので、先生の提案をベースに進めていくか・・・
をなかなか決められません!!


この時に間違ってはいけないのですが・・・
「各先生の提案をどれか選ぶ!!」ではなく
今後の可能性を踏まえて選ぶ事が大切です。

例えば・・・
基本的には 高橋先生の案が良いが家事動線については鈴木先生の考えを取り入れたい!!
など

今後の可能性として建築家選びが重要になります。

模型は家に持ち帰って頂きながら、ご検討頂きます。
そして、意見を整理する意味も含めて、ご主人様、奥様それぞれにどの先生のどういった点が
良かった悪かったを記入頂き、建築家を決定頂きます。


 次回、どの先生のどういった点が選ばれたのか?
お客様から頂いた総評を元にコンペの結果をご案内させて頂きます。
[PR]
by berk_house | 2010-10-11 17:15


ベルクハウスの外山が引き続き、コンペ方式を御紹介していきます。
今回はヒアリングと言って実際に建築家に会って想いを伝えて頂く時間です。

前回は、3名の建築家選定を済ませましたが、御提案のお客様には、ヒアリングの前に建築家の先生のHPやポートフォリオと呼ばれる作品集などをご覧いただき、よりイメージや様々な実例をご覧頂いて建築家ヒアリングをお待ち頂きます。

 今回は、立川展示場にて開催です。

初めて、3名の先生に会って頂きますので緊張の瞬間でもありますが
私がよくお客様に申し上げているのは・・・「楽しんでください!!」です。

 事前に御要望をまとめた資料①ヒアリングシート ②イメージ写真 といった前回御紹介したものに加え
建築予定地の写真やご購入現地の建築に関わる法規制など、お調べした情報を建築家の方には伝えてはいるものの・・・

ちなみに今回のご計画地は・・・

f0212875_23595829.jpg



 ご覧頂くと角地になっています。
夏真っ盛り、ご計画地は、草に支配されています。

周辺環境は緑が少し残っているものの駅から4分
人通りや車の通行も見込まれる立地条件です。


さあ、建築家とご対面です!!

おっとその前にヒアリングの時に大切な事を皆さんにお伝えしなければなりません。

それは・・・「要望は全て言ってみる」です。

例えば
「お金がかかりそうだから・・・」
「こんな事いうと恥ずかしい・・・」
など心の中で要望を止めてしまわない事です。

建築家は、御提案する為に皆さんの事を知りたがっています。
言葉に出して想いを伝えてください。

むしろ・・・
前回要望を伺ってから約一週間が経過していますから
その間、ご自身でいろいろとお調べになって・・・

「もっとこうしたい!!」「やっぱり1Fリビングから2Fリビング案も検討したい!!」
「バスルームはやっぱりもう少し広くしたい!」など

要望の追加や変更は大歓迎です。建築家は家づくりの知恵袋をたくさんもっています。まだ聞いたことがないような、もっと素敵な提案をしてくれるかもしれません。


今回のお客様は、上記にもあった「2Fリビング案も検討したい!!」でした。

他に、御要望を掻い摘んでここで御紹介しますと・・・

「音楽室を趣味のお部屋として・・・」
「クリスマスパーティを家でやるので皆さんに来てもらえるようにしたい・・・」
「アウトドア好きなのでキャンプ道具や釣り道具を外部の収納で・・・」
「車をできれば2台ビルトインにしたい・・・」
「緑を家の中から感じていたい・・・」

などなど

今回のブログのタイトルにあるように、「言わないと損をしてします」
言ったもん勝ちです。建築家がきっと答えを見つけてくれます。



そんな中、ヒアリングは、なぜこの土地を購入なさったか?
将来的には、ご両親と住むかもしれない?
など様々な要望を含めながら、盛り上がりを見せました。

あっという間の一時間半の時間でした!!
建築家の先生はメモをとりながら真剣そんもの
お客様も想いを託し、スッキリして頂きました。

次回はプレゼンテーション


要望が「カタチ」として模型により表現されます。

こうご期待!!
[PR]
by berk_house | 2010-10-04 00:27