「ほっ」と。キャンペーン

建築家との家づくりのサポーター、ベルクハウススタッフの視点で建築家コンペの実例をご紹介します。


by berk_house

余裕のある敷地の2世帯住宅計画

ベルクハウス平元です。
今回のコンペは100坪の敷地の2世帯住宅計画です。
敷地は100坪、そこに奥様のお母様と同居の完全分離型の2世帯住宅を計画します。
敷地の広さに余裕があるので、建物には様々な提案が予想されます。
建築家の提案がとても楽しみな物件です。

POINT
・玄関2つの完全分離型の2世帯住宅。
・近づきすぎず、離れすぎず、お互いのプライバシーを確保できる間取り。
・生活時間帯が異なるので生活音の気にならない間取り。
・お母様住居は将来のことを考え平屋、ご夫婦世帯は2階建。
・敷地に余裕があるので駐車スペースや、将来、土地の一部を売却できるような可能性も。
・光をうまく取り入れられるような、平屋と2階建の建物配置、もしくは採光の工夫。
・コスト面も考慮。


3名の建築家はどのような提案をするでしょうか?

●シーズ・アーキスタディオの白崎先生
f0212875_21294526.jpg

f0212875_21303949.jpg

f0212875_21313129.jpg
f0212875_2133463.jpg


南側から「平屋~中庭~2階建」の建物配置で2階建て部分の1階部分も十分に光が入る建物配置を提案しました。
設けられた20帖ほどの広さの中庭はお子様が遊ぶには十分なスペースを確保、同時に両世帯の丁度よい距離感を保つのに役立ちます。



●遼設計室の大石先生
f0212875_2145719.jpg

f0212875_21452351.jpg

f0212875_21455028.jpg

f0212875_2146546.jpg

f0212875_21461841.jpg


建物の中央部に中庭を設け、敷地の広さを最大限に活かしたダイナミックな提案でした。
平屋・2階建部分の配置も採光を考慮し、建物中央部の中庭からは光・風が建物全体に降り注ぎます。外観も邸宅と言うにふさわしい重厚感のある佇まいです。
コスト面が気になりますが、すばらしい提案内容でした。



●SOU建築設計室 清水先生
f0212875_21594539.jpg

f0212875_2201211.jpg


将来の土地の売却の可能性に配慮し建物を北側に配置、コスト面を重視しなるべく4角形に近くなるように間取りを組みました。少しでも無駄をなくすために2階部分が平屋にかぶさっている部分がありますが、その部分に水周りをまとめることで2階の物音もお母様居住スペースには影響がでないように配置が工夫されております。
一見おとなしく見えますが、コスト面に重点を置いた考え抜かれた提案でした。


以上の3名の建築家が、まったく異なる3様のプランを提案しました。
果たしてどの建築家が選ばれるのでしょうか。


注文住宅ならベルクハウス
[PR]
トラックバックURL : http://berk.exblog.jp/tb/16068682
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by berk_house | 2011-06-02 22:13 | Trackback | Comments(0)